June 20, 2015

「警備業の許可票」に初めて名前が使われた

 警備員、あるいは現場の作業員の皆さんは目にする機会が多いと思うが、
「建設業の許可票」
「警備業の許可票」
というのは多くの現場で掲示されている。

 私の所属する会社の場合、誰がメインで入るかわからない現場には「あの人の名前」が使われることが多い。我が社のエースで、あるとき、彼自身の名前が入ってる許可票を見て
「また勝手に名前使われてるー」
みたいな場面に遭遇したことがある。

 余談になるが、かのエース。私が警備員になって新任教育の一環として初めて現場に出されたときに出会った。いわば私の師匠である。右も左もわからない新人警備員ゆえ、彼にはたくさんの質問をしたが、信号の絡んだ片交を軽くこなしながら、嫌な顔一つせず質問に答えてくれた。人格者である。そして、
「君は飲み込みが早いねえ」
と言ってくれて、会社にも報告してくれたらしい。おかげさまでその後の管制による現場の難易度の上昇は甚だしく、今思うと新人にやらせるレベルじゃないと思うが、めきめきと腕を上げて、半年ほどでうちの会社の警備員でうまい順上位30%に入ってしまったから驚きである。中小だから、カースト制の底辺は「通行止めすらまともにできない通行止め精鋭部隊」ってあたりになってしまうのだが。

 閑話休題。

 警備業の許可票に名前が出た。内容はというと
氏名:ネモ
専任の有無:非専任
資格:交通誘導警備2級
といったところが私に関わる部分だ。そして、どうでもいいといえばどうでもいいのだが、交通2級を持っているとこの許可票にハクが付くって感じだ。隊員の中には指導教育責任者の資格を持っている化け物もいるが、2号業務ではたいてい交通2級の方が使われる。もちろんその人は両方持ってるわけだけど。

 そして、許可票に名前が書かれるということは、ほぼその現場はお前がやれということになるわけで。私としては、日々刻々と条件が変わる現場が好きだったりするんだけど。朝現場に行って、カッターとかスプレーの部分を見て、ここを掘削するなら規制はこうかけて、ダンプの出し入れはこっち方向にして、バックホーの車道側旋回はなるべく避けて……みたいな提案をこちらからしていきたい。それがプロの警備員だと思う。

 一方、一つの現場で最初から最後まで勤め上げるのもプロとしての仕事だし、会社としてはそのくらいできないとゼネコンの大きな現場は任せられないということで。

 この夏はぼちぼちがんばろう。


Posted by Nemo at June 20, 2015 23:42 | guard

コメント

はじめまして。最近20年のブランクで警備業に復帰したおっさんなのですが、いろいろ今の現状を教えていただきたいです。
今回は一つでいいのですが、誘導灯をくるくる回すガードマンが多すぎます。
私がはじめに入った会社では、新任講習もすごくまじめにやり厳しく先輩方に教えられて、回すのは恥ずかしい行為だからやるな、ドライバーさんから見てもわからないからと言われました。
また旧検定の講習の時も、講師の先生方から「基本はありますが、現場では厳しいこともあるでしょう。しかし回すのだけは絶対やってはいけません。」と言われました。今の会社でもそれなりにやっている方もいますが回しますし、他の業者さんもやっています。この長いブランクの間にかわってしまったのでしょうか?

Posted by: aterui at June 27, 2015 03:29 AM

申し訳ありません。チェックが遅くなりました。

ateruiさん初めまして。ネモです。
誘導灯を回す、ですか。ちょっとどういう状況を指すのか詳しいお話を聞きたいところです。
メールアドレスの入力がなかったのでご連絡する手段もなく。

困ったところです。

Posted by: at November 3, 2015 08:28 PM

ああ、なるほど。
進行の合図の時、手旗のように下振り→返し、下振り→返し、のようなケースでしょうか。
私の所属会社では誘導灯を使用して、上振り→そのまま下を通って1回転→上振り、になっています。
手旗の場合は、下振り→返しという教本通りの合図です。

Posted by: Nemo at March 10, 2016 07:36 PM
コメントする(要ひらがな)









名前、アドレスを登録しますか?