March 31, 2014

大型観光バスのバック誘導の方法

 警備員をしていると様々な車両の後進誘導をします。2トンダンプあたりから始まって、私が感じた「果て」は0.7立米クラスのバックホーを載せてもケツから出ないロングのダブルトレーラー回送車ってところでしょうか。

 セルフの回送車ならともかく、トレーラーは頭を振ると後ろが見えません。警笛だよりでバックしてきますので、後方の安全確認に専念してドライバー任せです。ありがたいことに、でかいトレーラーは腕がいいので、ぴたっと狙った位置にキメます。

 さて、あまり機会がないであろう大型観光バスです。

 大型観光バスの後進誘導は、2014年現在で「ここ数年で誘導方法が大きく変わった」分野です。従来は警笛の使用が基本でしたが、今ではたいていのバスがリアマイクを装備しています。リバースに入れるとバックモニターが生えてくる観光バスもいます。

 リアマイクの装備位置はバス後方左側です。

 右にハンドルを切ってバックしてくる大型観光バスであっても、リアマイクに合わせて誘導位置が左後方になります。通常は右ミラーの位置ですよね。ですが違います。

 バスレーンに合わせてバックするバスを想定します。ここで先に、危険なポイントを説明します。
・リアマイクを聞いてない
・バックモニターを見ていない
はい。これが揃うとバスが後進でオーバーランします。私たちはこうする。
「左手で停止合図を併用する」
左後方なので、左手で誘導灯を振ります。停止位置に近づいたら左右に振って停止予告をかけてから横にして停止の合図です。これ原則。

 では、順を追って手順を解説します。尚、この記事の情報源は「大型観光バス運転手から聞いた生の声」「添乗員のやり方」「上司の指導」「経験」のみです。ネットからの又聞き情報はありません。ネットでは大型観光バスのタイトなバック誘導の動画などが見られますが、よく見ると、同じ会社で先に停車させたバスの運転手が添乗員のフォローに入って誘導している場面などがあります。いずれにしても、あれは信頼関係があってこその誘導技術なので、一見の警備員では難しいところです。

フェーズ1:大型観光バスをこちらに呼ぶ
右手に誘導灯を持って、大きく時計回りに円を描きます。これ、大型相手の現場でも使いますよね。ちなみにマイクロバスはこの合図を知らないことが多いです。

フェーズ2:バスに幅寄せの合図を出して進路を確定する
バックで駐車してほしいのでそちらに振ります。

 10台のバスレーンがあったとしましょう。一番難しいのは最初の1台の誘導です。うまくかみ合わないようだったら手前でバスに停車を求め(誘導灯または右手を高く上げて軽く振る)、
「右側のバスレーンの一番奥にバックでお願いします」
など、運転手に直接お願いします。これ、確実です。

フェーズ3:大型バスが頭を振るスペースの安全を確保する
まだバス後方につきません。大型観光バスが左にハンドルを切って頭を振る場合、左は完全に死角になります。そこの安全を確保するのが我々警備員の仕事です。

フェーズ4:バスの左後方に入り、後方の安全確認ののちに誘導を開始する
リアマイクの位置はここでわかります。左後方か、側面についています。見当たらなかったら手誘導です。駐車マスの角で、左手の誘導灯を上に上げると目安になるそうです。左手に持っている理由はこのあとわかります。基本、マイクに向かって「オーライ、オーライ」でバスを誘導します

フェーズ5:バスの停車位置の見当がついたら、右手を水平に出して停車位置を示す
リアマイクとバックモニターを前提にした話なのですが。絶対にバスの真後ろには入らないこと。左ミラーに見える位置で誘導します。声は停止位置が近づいたら「オライオライオライ」と3回くらいで、早く繰り返して停止位置が近いことを知らせます。そして、早めに「はいストップでーす!」、左手は停止合図でストップをかけます。

 警笛を使用する場合は「ピーーーー(停止位置が近い)、ピッ!(停止)」ですね。

 右手をバスの停止位置で水平に出すのはもちろん訳ありです。ここで止まってねと。運転手によっては、右手がぴたりと触れる位置で止まったりします。しつこいですがボケてるとひかれます。

 バックが丁寧かつ知ってる運転手に応用を使ったことがあります。フェーズ5で、右手を出した位置より手前でだいぶゆっくりバックしてくれることがあったんですね。
「オライオライオライ……もうちょい、もうちょい、はいストップです!」
1台目だったんですが、狙った位置ピタリです。「もうちょい」は運転席から顔を出しているような大型相手に使っている声誘導です。

フェーズ6:停止後、左ミラーに向かって会釈
お互い、気持ちよく仕事したいじゃない。運転手さんが左ミラーを見てるかどうかはわからない。大型観光バスの左ドアを開く算段で忙しいかもしれない。でもね、そこでホーンのお礼が返ってくることがあるんです。

 大型観光バスがホーンを鳴らす時って、「もうこれ以上下がらないよ」ってのが基本です。基本ですが、先ほどの「もちょい、ストップ」の時はテンキュの意味で鳴らしてくれました。これ、珍しいです。

 というわけで書いてみましたがいかがでしたしょうか。警備員も結構がんばっているのだぜ?


Posted by Nemo at March 31, 2014 23:16 | guard