October 18, 2012

日没後の誘導準備よいか!

「日没後の誘導準備よし!」

 という元気な返答がほしい。

 もう日が短くなっているため、日没前でも暗くなるのが早い。暗くなったら交通誘導警備員は被視認性が命なので、準備を怠ると簡単に死ぬ。車両のドライバーは認識できないものは絶対によけられない。ハンドルを握っていて無灯火の自転車や暗色の歩行者にどきっとしたことはないだろうか。あれと同じで、死ぬ。

 まずは。最低限のレベルとして、誘導灯。これ、電池がなくなって暗くなってるとみすぼらしいだけじゃなくて見えないので大事。予備は必ず用意しておくべき。「電池の予備」はもちろん、可能であれば暗い明るいに関係なく「誘導灯の予備」もほしいところ。

 私見としては単3型アダプターと充電式の電池を組み合わせるのがベスト。夏場は充電池がやられてしまうのでアルカリ乾電池使用だが、誘導灯には常に電池を入れている。冬場は充電式の電池をローテーションで最低4本使う。2本を誘導灯に入れて2本をスペアに。暗くなったと感じたときに交換してもいいし、しばらく使ったなと思ったときに交換してもいい。家に帰ったら充電して常にフル充電のスペアを用意しておいて、常に最高輝度の誘導灯を使うことができる。充電式の電池は初期コストこそかかるものの、うまく使えばかなりの武器になる。マンガンは今時ないと思うけどアルカリ乾電池は出し惜しみしがちだから。充電式は惜しむことなく使える。ちなみに、アルカリの単3電池もしくは単2電池は予備として持っておくといい。単3型アダプターの安価なものは接触不良を起こしやすいため。

 次に来るのが夜光チョッキ。実は先日同僚が残業して暗闇で誘導している場面に遭遇したのだが、誘導灯だけ光っていても何をしているのかよくわからない。同業者だから何してるのかわかるけども。

 もうこれからの時期、昼休憩の時に夜光チョッキに取り替えて準備しておいた方がいいくらい。
バカな業者につきあって命を落とす義理はない : あまえびのしっぽ
過去の記事だけどこういうのもあるから。

 私の所属する会社は夜光チョッキの支給がないので給料天引きで奪ってきた。あれ、奪われてる? ともかく、夜光チョッキも単3電池なので充電池が使えることが望ましい。やっぱり惜しむことなく使える。誘導灯と夜光チョッキが揃って暗くなってるとものすごくみすぼらしい警備員になる。危険なのはもちろん、警備員としてちょっとどうかと思う。

 3番目に、事前のクライアントとの打ち合わせを持ってこようか。前述の過去記事だけど、Aバリで規制かけたって暗くなったら見えるわけないだろと怒りがふつふつ。交通誘導警備のスペシャリストとしてクライアントにアドバイスできるくらいの知識と技術を持ちたいものだ。ちょっとこれ建前論かな。

 最後にマグライトなどの私物の利用を挙げておこう。たとえば夜間の工事現場の常駐警備。会社はいわゆる懐中電灯を貸してくれるんだけど、話にならない。単3電池2本のLEDマグライトの方がよほど使える。コンパクトだから必要な時はポケットに入れても邪魔にならない。また別のたとえばで、夜間の隘路長距離舗装工。マグライトがないと現場のレッキ(下見)さえままならない。10トンダンプを数百メートルバック誘導、深夜だから警笛の使用不可。これ、レッキなしだと無理でしょ。数人でリレーしてやったけど、路肩を外すと凄い落差の側溝とかあるんだわ。怖いよ。

 私物の購入が所得控除になればいいのになあとは思うけど税制はよくわからない。

 では、今年の冬もご安全に!


Posted by Nemo at 21:48 | guard | コメント (3)