April 30, 2012

途切れない車両を止めるには、2-3台通す感覚で停止合図を送ること

 交通誘導警備業務をしていると、接近する車両を止めなくてはならない。

 適当なところで途切れてくれればいいんだけど、途切れないことはままある。

 途切れなくても、反対側の待機車両のことを考えたら切る(車両の流れを断ち切って止める)必要がある。

 ちょっとだけ難しいけれども、コツをつかめばできるようになる技術。10年警備員をやっててもできないボンクラはいるから、今すぐ狙ってみるのがおすすめ。

 途切れなく流れてくる車両に対して、停止予告の合図を出す。このとき一番大事なのは、止める狙いの車両の運転手と目を合わせること。数台通すつもりで、狙いをつける。停止予告から停止合図に移行して、その車が止まってくれれば万歳。ダメなら次の車で止まってもらう。このあたりは車の減速加減を見て見極められる。急ブレーキを要求するのは禁忌。追突事故が起こるから。

 止まってくれたらいつも通りの片交。

 意外と、狙った車より手前の車が止まってくれたりもする。そういうときは結果オーライ。

 ちなみに私は今、規制帯を出入りする工事車両をコントロールする中の仕事の勉強中。これはパターンが多いから面白い。いかに安全に効率よく回すか。警備員の中には中の仕事を嫌う人も多いけど、これ結構はまるよー。


Posted by Nemo at April 30, 2012 22:05 | guard

コメント
コメントする(要ひらがな)









名前、アドレスを登録しますか?