December 21, 2011

止めた車両からの野次

 無線片交で全止めをした。

 そこは規制帯が長くて道が悪いので通常の状態でも待ち時間がやや長めになるのだが、バックホーが規制帯の端から本線に出て規制帯の反対側まで自走しないといけなくなったため、全止め。規制帯は砕石の転圧をしてるから、そこをバックホーが踏んだらめちゃくちゃなわけだ。

 反対側から車が流れてこない状態で止められるのが嫌なのはわかる。止めるのも嫌だけど止めるしかない。

 止めてちょっとしたら、なんか聞こえてきた。何かと思ったら、止めた2台目の車の助手席の男が窓を開けてわめいてる。運転席ならともかく助手席でなんだよ。トイレ? コンビニならここ過ぎても10分じゃ着かないよ。

 曰く、
「許可取ってるからってこんなに長い時間止めていいわけないでしょー」

 ここまで聞いて、これから先は聞く必要がないので完全に無視をした。

 なぜか。要素は2つ。
「許可取ってる」
→道路使用許可の存在を知っている可能性がある
「止めていいわけない」
→警備業法第15条を知らない

 水風船のような恐ろしい理論武装である。だから逆に、引っかけだと疑った。停止合図を出してから1分も経っていない。

 これを書くと2号業務の警備員がやりにくくなるから書きたくないけど、
「嫌なら勝手に突破しろよ。通れないけどな!」
と、心の中だけで思った次第。

 全止め解除で車を送ってナンバーが確認できた。練馬。ここは役所関係が多いから地雷を踏まなくて正解だった。ただ、あとで同僚から聞いたところによると、警察に通報がいっていたらしい。ってことは素人だ。

 警察に通報されて何が起こるかというと、駐在さんが来るだけ。警察は通報があったら動かなくてはならないけど、こちらは何ら違法なことはしていない。おわり。

 実は、電話している様子が見えたのでちょっと気にはなっていた。しかし、工事看板の発注者と施工者に関しては電話番号が肉眼で見える距離じゃないと踏んで無視をキメた。工事関係でクレームが入ると少々厄介な現場だったのだが、相手がバカでよかった。地元車両でなくてよかった。

 ええと、まとめか。

 ドライバーの皆さん、好きで止めてるわけじゃないので勘弁してください。クレームは警察へ。ぼかしぼかし書いてますがご容赦ください。


Posted by Nemo at December 21, 2011 21:28 | guard