November 27, 2011

私の好きな場所

 とある大きな建設工事現場がある。そこはエリアが広くて、業務用無線も端から端までは飛ばない。当然警備員の配置パターンは多岐にわたり、無数の場所が存在する。

 その中で、最近ではあまり使われていないポジションに、班長の采配で送り込まれた。

 不思議なもので、帰ってきた、という感じがした。

 このポジションで誘導をするのは今の元請けさんで3社目。ここに立ったことが多いというのもあるけど、この現場は音ですべてを察知できる。そこが好きなのかもしれない。

 はい、車両音探知左方向、これは乗用車クラス。ブラインドコーナーで見通しがきかないから何が来るかはわからない。さて何が来る……インサイト、ライトバン、これはうちのかもしれない。車番が見える位置まで来い……はい、ナンバーxx、元請けの所長さんだ。
「おー、久しぶりだねえ」
わざわざ車を止めて声をかけてくれた。
「ご無沙汰です。(所長も知ってるとある現場)に行ってました。ここを上がったところに少し水が出てますので、お守りに塩カルがあるといいかと思います」
「ああそうだねえ。……もう凍る?」
「もう……そろそろです」
「マジでー!?」
記憶に基づいて可能な限り忠実に会話を再現している。いやホントに。所長さんはとっても気さくで話して楽しいし、報告もしやすい。たぶん仕事も凄くできる。ああいうかっこいいおじさんになりたいんだ、私は。

 近くにお寺がある。そこの奥さんとは挨拶を交わすくらいの間柄だったんだけど、今年の夏にちょっと仲良くなった。ある日、ものすごい勢いの土砂降りの雷雨があった。落雷の光と音が同時。至近距離でガンガン落雷していた。私は近くのボックスカルバートに避難していたんだけど、やはり荒天suspended。

 翌朝もその場所に立ったんだけど、お寺の奥さんがわざわざ来て声をかけてくれた。昨日大丈夫だった? ああいうときはお互い様だから、お寺に逃げてくれていいんだよ。うちは外に土足で使えるトイレも作ってあるから、使ってくれていいよ。と。

 それ以来、お寺の奥さんは犬の散歩のついでに私の方に来てくれて、時折雑談するようになった。いろんな話を聞いた。実は私が「帰ってきた」日の朝にも来てくれた。近くに車を置いてるから遠目でも知ってる警備員かどうかわかるんだよね。

 ここ、やっぱり好きだなあ。また来たい。だいぶ先になりそうだけど。


Posted by Nemo at November 27, 2011 22:16 | guard

コメント
コメントする(要ひらがな)









名前、アドレスを登録しますか?